HAPPY STORY

幸せストーリー

“心地”を追求して生まれた“カタチ” 暮らしを豊かにする引き算の家づくり

どこを見ても整然と片づけられ、しつらえられた家具や雑貨にまで行き届いているセンス。スッキリ、清々しい。K邸にはそんな表現がよく似合います。「目線の先を考えた住まいです」と話してくれたのは、旺建デザイン事業部の安冨室長。「家づくりは希望を詰め込みがちですが、Kさんのお宅は継ぎ足すのではなく“引き算”の家づくり。表面的なデザインよりも、心地よさや理にかなった暮らしを重視しました」。


メディアの仕事に就くご主人と建築士の資格を持つ奥さま。新居のプランは奥さまの暮らしに対する深い愛情が落とし込まれた設計デザインを軸にじっくりと検討され、最終的に今の形に落ち着いたそう。「人を招く家にしたかったので、2階にバスルームや寝室、子ども部屋などのプライベートな空間をまとめ、1階はパブリックなスペースに。暮らしやすさを考えつつも、好きなものも取り入れたかったので、素材や部材選びにも時間をかけました」。


衣服の脱ぎ着など一連の身支度が完了する2階の動線や、作業性とデザイン性が両立したキッチン、美しい空間を支える優秀な収納プランなど、自然と整理整頓ができてストレスなく過ごせる工夫が随所に見えて、なるほどと感心するばかり。懐の大きな空間と繊細なディテールが、家族の暮らしのリズムにやさしく寄り添います。


また、気密性よりも風通しを重視した家づくりも、「キャンプが趣味」という自然と調和したライフスタイルを求めるご家族らしい選択。手に余る機能性より暮らしに合った心地よさ、使うものは好きなものだけ。明確な取捨選択が住空間にさらなる美しさと豊かさを生んでいるように感じました。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話の方
087-843-5500
メールの方
お問合せフォーム